インタビュー

派遣のお仕事
正社員のお仕事
※求人情報は随時更新していますが一部の掲載となります。
「非公開」「急募」など掲載していない求人もございます。

特集記事

  • 2023/12/08アパレル販売のオンライン接客とは?メリットやデメリットを詳しく解説

    近年、アパレル業界では、オンライン接客が新たな販売戦略として注目されています。従来の店舗販売に加え、オンラインでの接客を取り入れることで、顧客体験の向上や販売チャンスの拡大が期待されています。

     

    本記事では、アパレル販売員にとってのオンライン接客の重要性、そのメリットやデメリット、さらには成功するためのポイントについて詳しく解説します。オンライン接客を検討しているアパレル店舗の方々にとって、有益な情報となれば幸いです。

     

    アパレル業界のオンライン接客とは

     

    アパレル業界におけるオンライン接客は、顧客との新たな接点を創出し、販売戦略の多様化を図る重要な手段となっています。ここでは、オンライン接客が注目される背景と普及率について詳しく解説します。

    オンライン接客が注目される背景

    オンライン接客は、非接触・非対面のニーズに応える新しい接客方法として注目されています。新型コロナウイルスの感染拡大が大きな要因で、対面接客の機会が減少したことから、オンラインでの接客が求められるようになりました。

     

    例えば、ビデオ通話やチャットを用いたリモート接客は、顧客との距離を縮め、商品の魅力を直接伝えることが可能です。また、ライブコマースなどを通じて、リアルタイムで顧客の質問に応えることもできます。このように、オンライン接客は時代の変化に対応した新しい販売手法として、アパレル業界で重要な位置を占めています。

    オンライン接客の普及率

    オンライン接客の普及率は、コロナ禍を契機に急速に伸びています。多くの企業がオンライン接客の導入に関心を示しており、特にライフイベントに関わる業界での普及が目立っています。

     

    株式会社MS&Consultingがまとめた統計データによると、オンライン接客を受けたことがある人の割合は約2割に上り、30代・40代の利用率が特に高いことが示されています。また、オンライン接客に関心を持つ企業は全体の約7割にのぼります。これらのデータから、アパレル業界におけるオンライン接客の普及とその重要性が明らかになります。

     

    アパレル業界のオンライン接客の種類

     

    アパレル業界におけるオンライン接客は、その方法によって大きく異なる体験を提供します。ここでは、主要なオンライン接客の種類をそれぞれ解説します。

    ライブ配信型

    ライブ配信型オンライン接客は、リアルタイムでの商品紹介や顧客との対話が可能です。この方式は、顧客がリアルタイムで質問を投げかけたり、商品についてのフィードバックを提供したりできるため、対面接客に近い体験をオンラインで再現できます。

     

    例えば、新商品の発表や特別セールの紹介など、イベント感を演出しながら顧客の関心を引きつけることができます。ライブ配信型は、顧客とのエンゲージメントを高め、即時性とインタラクティブな体験を提供する手法です。

    ビデオ通話型

    ビデオ通話型オンライン接客は、顔を見ながらの個別対応が可能です。この方式は、顧客との信頼関係を築きやすく、よりパーソナライズされた接客が行えるため、高い顧客満足度を得られます。

     

    例えば、スタッフがビデオ通話を通じて商品の詳細を説明したり、顧客の質問に直接答えたりすることで、より深い関係性を構築できます。ビデオ通話型は、個別の顧客ニーズに対応し、より深いコミュニケーションを実現する手法です。

    チャット型

    チャット型オンライン接客は、テキストベースでの迅速な対応が特徴です。この方式は、顧客が気軽に質問でき、迅速な回答を得られるため、利便性が高く評価されます。

     

    例えば、顧客が商品に関する簡単な問い合わせをした際、チャットを通じてすぐに回答を提供できます。したがって、チャット型は手軽さとスピードを重視した顧客に適したオンライン接客手法です。

     

    アパレル業界でオンライン接客を取り入れるメリット

     

    アパレル業界におけるオンライン接客の導入は、多くのメリットをもたらします。ここでは、それらのメリットを詳しく見ていきましょう。

    遠方のお客様に接客できる

    オンライン接客により、地理的な制約を超えて遠方のお客様にも接客が可能になります。物理的な距離による制限がなくなるため、全国や海外にいる顧客にもサービスを提供でき、市場の拡大が期待できます。

     

    例えば、海外に住む顧客が日本のアパレルブランドの商品をオンラインで見て、購入を決めるケースが増えています。このように、オンライン接客は顧客基盤の拡大とグローバルな販売機会の創出に寄与します。

    販売員の生産性が高まる

    オンライン接客は販売員の生産性を向上させます。複数の顧客を同時に対応できるため、時間あたりの接客数が増加し、効率的な販売が可能になります。

     

    例えば、チャットやビデオ通話を利用して、一人のスタッフが複数の顧客に対応することが可能です。このように、オンライン接客はスタッフの時間を最大限に活用し、生産性の向上に貢献します。

    単価やリピート率アップにつながる

    オンライン接客は、顧客の単価やリピート率の向上につながります。パーソナライズされた接客により顧客満足度が高まり、より高価な商品の購入やリピート購入が促進されます。

     

    例えば、顧客の好みやニーズに合わせた商品提案をオンラインで行うことで、顧客の購買意欲を刺激します。このように、オンライン接客は顧客の購買体験を向上させ、売上の増加に寄与します。

    接客時間を予約できる

    オンライン接客では、接客時間の予約が可能です。予約システムにより、顧客は自分の都合の良い時間に接客を受けることができ、スタッフも効率的に対応を計画できます。

     

    例えば、顧客がオンラインで接客の予約を行い、指定した時間に専任のスタッフが対応するシステムが導入されています。このように、オンライン接客の予約システムは、顧客とスタッフ双方の利便性を高めます。

    顧客データを蓄積・活用できる

    オンライン接客を通じて、貴重な顧客データを蓄積し活用することができます。顧客の行動や好み、購入履歴などのデータを収集し、マーケティングや商品開発に役立てることが可能です。

     

    例えば、顧客がオンライン接客中に示した関心や質問から、新たな商品開発のアイデアを得たり、ターゲットマーケティングを行ったりすることができます。このように、オンライン接客は顧客理解の深化とビジネス戦略の精度向上に貢献します。

     

    オンライン接客を取り入れるデメリット

     

    オンライン接客の導入は多くのメリットがありますが、一方でいくつかのデメリットも存在します。これらのデメリットを詳しく見ていきましょう。

    浸透するまでに時間が掛かる

    オンライン接客の導入と浸透には時間が必要です。顧客やスタッフが新しい接客形態に慣れるまでには、時間と教育が必要であり、初期段階では効果が見えにくいことがあります。

     

    例えば、特にオンライン接客に不慣れな顧客やスタッフには、操作方法の説明やトレーニングが必要になり、その期間中は効率が低下する可能性があります。このように、オンライン接客の完全な導入と効果の実感には、時間と努力が必要です。

    通信が不安定になる場合がある

    オンライン接客では、通信の不安定さが問題になることがあります。インターネット接続の品質に依存するため、通信速度の遅延や途切れなどが発生すると、接客品質に影響を与える可能性があります。

     

    ビデオ通話中に画像が途切れたり、音声が遅延したりすることで、スムーズなコミュニケーションが妨げられる場合があります。このように、通信環境の不安定さはオンライン接客の品質を左右する重要な要素です。

    ツール導入・運用にコストが掛かる

    オンライン接客ツールの導入と運用には、追加のコストが発生します。ツールの購入やカスタマイズ、スタッフのトレーニングなどには費用が必要であり、これらは初期投資として考慮する必要があります。

     

    例えば、高品質なビデオ通話システムやチャットボットの導入には、ライセンス料や開発費用がかかります。また、これらを効果的に運用するためには、定期的なメンテナンスやアップデートが必要になることもあります。このように、オンライン接客ツールの導入と維持には、追加の費用が伴います。

     

    オンライン接客を成功させるポイント

     

    オンライン接客を成功させるためには、いくつかの重要なポイントがあります。それぞれ詳しく見ていきましょう。

    自社に適したオンライン接客ツールを導入する

    成功のためには、自社のニーズに合ったオンライン接客ツールの選定が重要です。ツールが自社のビジネスモデルや顧客の特性に適していない場合、効果的な接客が行えず、リソースの無駄につながる可能性があります。

     

    例えば、アパレル販売であれば、ファッションアイテムの詳細を細かく説明できるビデオ通話機能や、顧客の質問に迅速に対応できるチャット機能が備わったツールが適しています。このように、自社のビジネス要件に合致したツールを選ぶことが、オンライン接客成功の鍵です。

    顧客ニーズを把握する

    顧客のニーズと期待を正確に理解することが、オンライン接客の成功には不可欠です。顧客のニーズに合わせた接客を行うことで、顧客満足度が高まり、リピート率や推奨率の向上が期待できます。

     

    例えば、顧客の過去の購入履歴やオンラインでの行動パターンを分析し、個々の顧客に合わせた商品提案やアドバイスを行うことが効果的です。顧客のニーズを深く理解し、それに応じたカスタマイズされた接客を提供することが、オンライン接客の成功を導きます。

    効果検証・改善を繰り返す

    オンライン接客の効果を定期的に検証し、必要に応じて改善を繰り返すことが重要です。常に市場や顧客のニーズは変化しているため、定期的な検証と改善により、サービスを最適化する必要があります。

     

    例えば、接客後の顧客満足度調査や、接客データの分析を通じて、接客方法やツールの機能改善を行うことが有効です。こうした効果検証と改善を繰り返すことで、オンライン接客の質を継続的に向上させることができます。

     

    オンライン接客の成功事例

     

    ここからは、それぞれのブランドがどのようにオンライン接客を活用しているかを見ていきましょう。

    ANAYI

    ANAYIは、オンライン接客サービスを通じて、お客様に自宅から安心してショッピングを楽しんでもらうための取り組みを行っています。ANAYIのファッションアドバイザーが専用のビデオ通話を利用して商品の紹介やコーディネートの提案を行うサービスを提供しています。

     

    予約方法は簡単で、オンラインでの予約フォームから日時を選択し、簡単なアンケートに答えることで、個別のビデオ通話接客が可能です。このサービスは、顧客にとって新しいショッピング体験を提供し、ブランドのリーチを拡大する効果を持っています。

    参考:ANAYI

    三越伊勢丹

    三越伊勢丹では、オンライン接客サービス「LINE」および「Mitsukoshi Isetan Remote Shopping」を通じて、女性服部門でのショッピング体験を提供しています。顧客はチャットを通じて簡単に接客サービスを受けることができ、ビデオ通話を利用して商品の詳細や着用感を確認することが可能です。

     

    このようなオンライン接客サービスは、顧客にとって便利であり、店舗に足を運ぶことが難しい顧客にもサービスを提供することができます。

    参考:MITSUKOSHI ISETAN MAGAZINE

    GENTLEMAN

    GENTLEMANでは、オンライン接客を通じて、ジュエリーショップの新しい販売チャンネルを開拓しています。来店が難しい顧客向けに、店頭での接客と同様にジュエリーを選べるようなオンラインショールームを提供しています。

     

    顧客は予約サイトから希望の日時を選択し、Zoomで個別に相談ができるようになっています。このサービスは、顧客にとって特別なショッピング体験を提供し、ブランドの価値を高める効果を持っています。

    参考:GENTLEMAN

     

    まとめ

     

    アパレル業界におけるオンライン接客は、顧客に新しいショッピング体験を提供し、ブランドのリーチを拡大する重要な手段です。今回紹介した企業事例からもわかるように、オンライン接客は顧客満足度を高め、売上向上に貢献します。

     

    一方、オンライン接客を成功させるには、顧客ニーズの理解、適切なツールの選定、スタッフのトレーニング、そして継続的な改善が欠かせません。この新しい接客形態を取り入れることで、アパレル業界は顧客との新たな関係を築き、市場での競争力を高めることが可能です。

     

    お問い合わせはこちら

    イッツ・スタッフでは、アパレル業界をはじめとした、販売スタッフの派遣や職業紹介を手掛けています。現場の人員不足にお困りの際は、お気軽にお問い合わせください。

    お問い合わせ

戻る


Copyright© It's Staff, Inc. All rights reserved.